• 法人向け-ホームページ作成方法

    本日は、法人向けのホームページ作成方法についてレクチャーしていきます。
    今、あなたの企業には「ホームページ」はあるでしょうか?
    もし、ホームページを作成していないとすれば直ぐに作ったほうが良いかと思います。

    ホームページを作成する上で、個人のブログであれば雑多でよいのですが、
    「法人向けのホームページ作成」をしていく場合、どのように作成ステップを踏めばよいのでしょうか?
    [Read More...]

  • 【ホームページ作成ノウハウ】会社のホームページを簡単に作成する方法

    【ホームページ作成ノウハウ】会社のホームページを無料で、簡単に作成する方法についての解説

    会社のホームページを「簡単に作成する方法」が世の中にはレクチャーされているようで、
    この機会に、まとまっていないので一度まとめてみようと思います。

    まず、ホームページを制作するのに必要な人員体制について説明します。
    ホームページというものをそもそも作るには、大きく分けた3種類の人が必要です。

    ・ディレクター
    ・コーダー
    ・デザイナー

    ディレクターというのは、サイトのコンセプトやデザイン、コーダーやデザイナーのプロマネ(プロジェクトマネジメント)をしてくれる方。
    のことを指します。
    よく、「外注さん」⑲エン出すのでよろしくね。と丸投げされる会社さんもいらっしゃるようですが、
    あまりお勧めしない理由があります。
    そもそも発注先が、「プロでなく」中間的なマイルストーンを置いていないという点、及び受け手側のゴールイメージ(納品物)が定義できない点です。

    案外、紙でつくったサイトイメージと、実際が異なることが多数あるので、
    実際に作られた、サイトを途中で何回か確認しながら進める必要があります。
    (案外この人件費で、3割程度はかかります。)

    また、ディレクターだけでなく、「コーダー」や「デザイナー」の人件費がかかりますよね。

    最近では、コーダーも、HTMLやcssだけでなく、PHPやMYSQL等まで出来る方も増えてきました。
    「問い合わせページをつくってメールを飛ばすベース。」だと、WORDPRESSのようなものや、googlesiteベースで十分対応可能なようです。

    コーダーに関しては、HTMLとCSS、あとJAVASCRIPTがかければ、それなりのサイトができるでしょう。
    一番のポイントは「コーダーとディレクター」の相性だそうです。
    ディレクターを起点に、コーダーを選びたいですね。

    デザイナーは、コーディングの構造を決めるものと異なり、全体の印象を決める重要な役割です。
    案外、グラデーションや、少し線形にする、スポイトでぼかす等、10枚以上の画像を重ねて、1枚の画像を作ったりしてます。
    (結構大変ですよ。一枚の画像をつくるのに、3時間かかったりします。もちろん、素人でもつくれますよ→GIMP。ただ、どれだけホームページの画像が手間かわかります。)

    また、デザインセンスが問われます。大前提コンセプトも大事ですが、
    各画像を作る技術及び今季が必要なので、ホームページ作成の画像加工に置いては、技術力と根気がある方を選び、納品をクリアにする必要があります。
    ・・本来、企業hpであれば、写真ベースを切り抜いたり、加工するベースでそれなりのものが出来るんですけどね。

    というわけで、色々凝った企業HP(ホームページ)は、たいてい100万~300万程度かかります。
    個別の個人事業主に作成頼むと、50万程度は最低かかりますね。

    また上記以外に、ホームページ作成後のサーバー維持代がかかったりし、
    なんだかんだ、年間150万程度かかる
    そうです。

    個人でホームページをスモールスタートで作成するなら、
    こんなホームページ作成の業者に、5万~6万程度の初期費用でお願いしたほうが、クオリティも担保でき、コスト的に、安全かもしれませんね。

    最後に、、やはり個人で「ホームページ作成」を受けていると、
    「困った発注者さん」というのが必ず現れます。
    無茶なオーダーとか、「20万でホームページ作成できる。」だとか・・・・無理なんですけどね。普通は。
    基本的に、1人月×3名が、かかるので、100万というのは、ホームページ作成の一つの基準だと思っていただくと、
    間違いはないかと思いますね。

    追加情報)
    ホームページ作成における情報です。
    正直なところ、ページあたりの作成単価が急激に落ちているとのことで、
    数万でも、ホームページ作成を請け負ってくれる会社が出てきているとのこと。

    ただ、クオリティは担保できないもようです。